takanorip blog

Apollo Client で SSR する

created at:

2018-12-10

tags:

    TOC

    これは FOLIO Advent Calendar 2018 10日目の記事です。

    FOLIO Advent Calendar 2018 - Adventar
    _株式会社FOLIOのメンバーによるアドベントカレンダーです! FOLIO Advent Calendar 2017: https://qiita.com/advent-calendar/2017/folio-sec…_adventar.org

    Apollo Client

    GraphQLサーバーと通信するためのクライアントサイドライブラリです。

    Introduction | Apollo Client
    _What is Apollo Client and what does it do?_www.apollographql.com

    GraphQLって何?って人は公式ドキュメントとかを読むと良いと思います。

    GraphQL: A query language for APIs.
    _GraphQL provides a complete description of the data in your API, gives clients the power to ask for exactly what they…_graphql.org

    GraphQL入門 - 使いたくなるGraphQL - Qiita
    _本記事は Livesense Advent Calendar 2016 - Qiita の24日目の記事になります。…_qiita.com

    ReactでApollo Client( react-apollo )を使用すると次のように書けます。

    https://gist.github.com/takanorip/bb70f000929203be23dd961ad8890f5d

    Server-side rendering with Apollo

    Apollo Client を使用してSSR するにはサーバー側で次の2つの処理を行います。これはReduxを使用してSSRするときとおおよそ同じです。

    Store rehydration

    サーバーサイドでクエリを実行できるアプリケーションの場合、データの初期状態を設定できます。

    次のようなscriptタグを記述することでサーバー側で定義した初期状態をクライアントサイドで受け取ることができます。

    https://gist.github.com/takanorip/eaace8d840183b16bf02a3ff25c02336

    それをInMemoryCacheに渡します。

    https://gist.github.com/takanorip/8400eccd4c3185c93049c5e85a1c84f7

    クライアントサイドでUIがレンダリングされたときにはすでにデータがストアに格納されているため、即座にデータを表示することができます。

    Server-side rendering

    react-apollo に組み込まれたレンダリング関数を使用して、アプリケーション全体をレンダリングします。これらの関数は、コンポーネントツリーをレンダリングするために必要なすべてのクエリを取得してくれます。通常はExpressなどのHTTPサーバー内でこれらの機能を使用します。

    Apollo ClientでSSRする際は次の2つのことに注意する必要があります。

    1. 各クエリの結果を一度だけ取得したいので、ssrMode:trueオプションをApollo Clientコンストラクタに渡して force-fetching が繰り返されるのを避けます。
    2. 複数のリクエストに対してリクエストごとに新しいクライアントまたはStoreインスタンスを作成する必要があります。
      そうしないと古いデータが残ってしまい、認証に問題が発生する可能性があります。

    https://gist.github.com/takanorip/4db791390672accb5eb0770a22635334

    Rendering

    react-apollo には2つのレンダリング関数が用意されています。

    getDataFromTree()

    この関数はReactツリーをレンダリングするために必要なクエリを決定し、それらをすべて実行します。ネストされたクエリがある場合は、ツリー全体を再帰的に実行します。

    この関数はPromiseを返し、データの取得とStoreの準備が完了したときにそのPromiseが解決されます。そしてPromise が解決される時に Store が完全に初期化されます。

    https://gist.github.com/takanorip/dc1a2cbc771c3a2ed617407ebb1eceac

    この コンポーネントの中身は次のようになります。

    https://gist.github.com/takanorip/cceb5bf9c03a3452696a6300d7debed2

    renderToStringWithData()

    これは getDataFromTree 関数を単純化し、レンダリングする必要のあるコンテンツを文字列で返します。

    https://gist.github.com/takanorip/30d4bbf4f5f59b7b3fc45c72cbd13205

    Skipping queries for SSR

    SSR中に意図的にQueryをスキップしたい場合は、オプションに ssr:false を渡すことができます。

    https://gist.github.com/takanorip/533dad8e6ccf44e3c21aed86214a6283

    おわりに

    FOLIOでもBFFにGraphQLを採用するかどうか検討中なのですが、StoreのrehydrationがReduxよりも簡潔にかけるのは良いなと思いました。

    このあたりは個人でも試していきたいです。

    明日は sion_cojp さんの記事です。

    Share on Twitter